都会では多くの子どもたちが進学塾や学習塾に通っています。
 ゆとり教育の影響からか、塾に通わなければ学校の授業についていけない、学力が伸びない、受験に成功しない・・・などと考えている親御さんが多いように思われます。
 しかし、普段学校に通ってから、放課後遅くまで塾通いをすることで、疲れきっている子供たちが増えていますし、精神的に疲れきってしまって、あまり学力が伸びていないという例もたくさん見られます。
 
 また、学習塾というのは特別な資格がなくても経営出来ますし、学習塾の教師は教員免許もいりませんし、多くが現役の学生のアルバイト頼りになっているのが現実です。そのため塾や教師によって、質やレベルも様々ですし、気をつけないと大金を支払っているだけで、ほとんど効果がなかったということになりかねません。
 少子化の影響で、どこも生徒集めに必死で、生徒集めをすることが目的になってしまっている塾が多くあるのが現実です。

 もちろん、長く子供たちを指導しているベテラン教師が経営しているような、熱心で面倒見のいい塾も多く存在しています。親御さんがしっかりと「良い塾」を見極めていく必要があると思います。

 このコラムでは、塾の選び方や利用法などを書いていきますので、是非参考にしていただきたいと思います。

 また、成績のいいお子さんの全てが塾通いをしているわけではありません。本当に学力があれば、自力で参考書や問題集をやって成績を伸ばすことが出来るのです。塾に通うことを考える前に、自主学習力をつけられるように、お子さんを指導してあげて欲しいと思います。

(Visited 136 times, 1 visits today)
コード スニペットをコピー