読書感想文の宿題がある場合は、読書記録をつけておくと感想文を書きやすくなり ます。また、読書量を増やすために読んだ本を記録し、簡単な感想を書く習慣をつけて おくことは大切です。  この夏休み中に、是非読書記録、読書日記をつける習慣をつけてみてください。

読書記録のつけ方

1. 本の題名、読んだ日を書く

作者名、何日で読んだか、購入した場所、借りた場所(学校の図書館や地域の図書館)などを書いてもいいでしょう。

2. どうしてその本を選んだのか、理由をメモする

例:学校の課題図書だったから。図書館にあっ て面白そうだったから、学校の先生や家族のすすめなど

3. 作者とあらすじの紹介

作者の簡単な紹介を調べて書いてもいいでしょう。夏目漱石など歴史や文学史などに出てくる人物のことを調べておくと、歴史の勉強にもなります。

あらすじについては、下記のようなひな形を作っておくと、お子さんも続けて書くことが出来るようになる ます。

★物語、小説の場合

この本は(      )が主人公です。他の主な登場人物は(   )と(    )です。(必要に応じて数を増やします。)  (      )が舞台です。(時代、地名、場所などを書く)

(     )が(        )をします。(具体的な行動、起こった出 来事。)  そして(              )なります。(物語の展開、結論など。)

4. 簡単な感想を書く

最初は一行くらいでいいので、必ず何か感想を書くようにしてください。  最初は「面白かった」「つまらなかった」「難しかった」だけでもいいでしょう。  慣れてきたら、どこが面白かったか、どうしてつまらなく感じたかを少しずつ付け 足していくようにしてみましょう。これを続けることで作文力や記述問題の力をつける ことが出来ます。

読書記録は、普通のノートや日記帳を使用してください。

★こちらの下方にある読書カードのテンプレートもご利用ください。

夏休みの計画表、学習日記

 

下記のような市販のものを利用してみてもいいでしょう。

ドラえもんの夢をかなえる読書ノート (小学館ジュニア文庫)

新品価格
¥410から
(2016/7/21 12:06時点)

小学生100冊読書日記―フィンランド・メソッドで本が好きになる (RYU SELECTION)

新品価格
¥1,026から
(2016/7/21 12:10時点)

(Visited 2,143 times, 1 visits today)
コード スニペットをコピー