計算に強くなるかどうかは,3、4年生の勉強方法にかかっています。まずお子さんの学校や塾の宿題などのノートを見て、計算式と答えが大きな字でしっかり書かれているか確認してみてください。特に筆算は、ノートのます目にケタを合わせてしっかり書かれているかを注意して見て欲しいと思います。

 計算が雑に書かれていましたら、ます目のあるノートを使って、数字を一つずつ丁寧に書くよう指導してください。丁寧に書くことが計算ミスを減らすことに
繋がっていきます。

 計算が苦手なお子さんは、教科書に書かれている例題を写してみることから始めると良いと思います。

 正確に写してやり方を理解してから、同じように計算するという練習を繰り返してみてください。小中学、高校での数学の学習でも、例題を写して理解するということが必要となります。

また、4年生のわり算の筆算は、慣れるまで時間のかかることが多く、正確に出来るかどうか差が出やすい分野です。現在苦手になっていたり、計算に時間がかかっていると,5年生の小数の計算で苦労することになります。速く正確に出来るよう,1日5問くらいで良いので、毎日計算練習をする習慣をつけて欲しいと思います。

★毎日の計算練習に無料学習プリントをご利用ください

無料で使える学習ドリル

低学年の無料学習プリント

おすすめ

小学4年のわり算 (毎日のドリル)

書き込み式で使いやすく、くり返し練習することで計算力がぐんぐんつきます。

(Visited 1,131 times, 1 visits today)
コード スニペットをコピー