指示代名詞の理解は読解において非常に重要になります。

「これ」、「それ」、「あれ」などの指示語が指している部分を抜き出したり、内容をまとめたりする設問はよく出題されます。また、指示語が指している内容が分からなければ、文章自体が分からなくなってしまうことがあります。

 指示語はほぼ文章の前にあるものを指しますが、まれに後ろにあることもあります。また、複数の文章を指す場合もあります。これらのことをすぐに読み取れる力をつける必要があります。さらに、抜き出したり、まとめた答えが、「これ」「それ」などに当てはめた時に自然な文章になっているか確かめる必要もあるでしょう。

指示語の把握のような問題は、いきなり長文問題をやるより、短文問題で確実に出来るようにするした方がいいでしょう。
 以下のような問題集を利用してみることをおすすめします。

国語読解シリーズ 3 指示語の特訓・上

4901705520
認知工学 2005-12
売り上げランキング : 86597

Amazonで詳しく見る by G-Tools

国語読解シリーズ 4 指示語の特訓・下

4901705539
認知工学 2005-12
売り上げランキング : 86257

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 指示語のポイント、記述方法のポイント、書き抜き、指示語の内容をまとめる所まで、反復練習が出来るテキストです。小学校3年生くらいから利用出来ますが、中学生でも十分活用出来ます。

 また、お子さんが自分で書いた文章を読んで、指示語が使える所がないかを考えてみるような練習をしてもいいでしょう。
 

(Visited 672 times, 1 visits today)
コード スニペットをコピー