お子さんのカバンの中に、学校や塾のプリントがグチャグチャになって入ったままになっていたり、机の上にプリントやテキストが散らばっていて、どれが大切なものか分からなくなっているということはありませんか?

 プリントの中にはその日に出された宿題、テストで必ず出題されるもの、保護者への大切なお知らせなども含まれています。必要なプリントをしっかり分類して、学習出来るお子さんの方が成績が良くなるのも当たり前でしょう。
 まずは、お子さんが自分で必要なものを分類する癖をつけることが大切です。毎日家に帰ったら宿題をする前に、教材やプリントを一度鞄から出して整理整頓する習慣をつけましょう。
 整理の仕方は次の点を参考にしてください。

カバンの中身を全部出してみる

 全て出さなければ何が入っているのか分かりません。ランドセル、普段使っているカバン、塾用のカバンの下の方にくしゃくしゃになったプリントがまぎれてないか確認してみましょう。

必要ないものは捨てる

 保護者向けのプリントは親御さんが内容を確認して、必要ないものは早めに処分しましょう。

 *終わってしまった行事関係やホームページなどで内容が確認出来るものは保存しておく必要はありません。

 前回のテストの範囲表や、もう2度と使わないようなプリントも処分していきましょう。

必要なプリントは教科ごとにクリアファイルなどに入れておく。すぐに必要なプリントは別のクリアファイルに入れる

 中身が見えないファイルなどに入れてしまうと、プリントの存在を忘れます。中身が見えるものを利用しましょう。

定期テストや学期末が終わったら、いらないものを順次捨てて行く

 普段の分類はとりあえず、貰った順番にファイルにいれておいて、すぐに出せるようにすることが大切です。あまり細かく分類すると余計にどこにあるか分からなくなります。長期休暇などに定期的に整理して、いらないプリントを捨てていくようにするとすっきりします。

 

 整理整頓が苦手な場合は、教科別に分けないで、大きめのファイルにどんどん入れていくだけでもいいと思います。まずはカバンや机の中にプリントをためないようにしていくことが大切です。

 

学校では教えてくれない大切なこと 1 整理整頓

新品価格
¥918から
(2016/5/9 02:36時点)

(Visited 2,340 times, 1 visits today)
コード スニペットをコピー