お子さんは 学校や塾の宿題がないと勉強しないということはありませんか?

最近は学校によっては宿題が極端に少なかったり、テスト前にまとめて出されることも多いので、一度にやりきれなくて答えを写しているだけになっているケースが多いようです。事前に宿題になることが分かっているような課題は、普段から計画的にこなしていくことが必要になります。
また、塾に通っていても宿題が少なかったり、定着させるようなテストをしていなかったり、テストがあるけど勉強しないで受けているというような状態では、成績は向上しません。

成績を上げるためには、自分で足りない所を学習できる力をつけることが必要です。小学生のうちから、次のことに注意して、自主学習力をつけさせてください。

1. 学校や塾の授業内容が分かっているか確認する
「今日はどんなことを習ったか」を聞いてみてください。理解していれば、お子さんの口から授業の内容を説明出来ます。国語でしたらどんな話だったか、どんな言葉を習ったかなど、算数や数学でしたら、簡単だったか難しかったかなどを確認してください。説明出来なかったり覚えてないようですと、授業を聞いてないか、理解出来ていない可能性があります。そういう場合は教科書などで、復習しないと、次の単元も理解出来なくなるということを、お子さんに理解させる必要があります。

2. 「宿題をやったのか?」と聞くだけではだめ
宿題をやったかどうか聞くだけでは、宿題がなければ勉強しなくていいという認識になってしまいます。どのような勉強を、どのくらいの時間やったのかを確認しましょう。

3.  宿題の量を把握して、それ以外の勉強時間を決める
算数で計算ドリル1ページとか、教科書の問題2問くらいしか宿題に出てないと、10分か20分で宿題は終わってしまいます。机に向かってもそれ以外は勉強していない可能性もあります。宿題が少ない時にやることをあらかじめお子さんと話し合って決めてください。

4. テストは点数だけを見て、褒めたりしかったりしない
テストの点数だけでは、実際の学力は把握出来ません。テストというのは勉強したことがきちんと身に付いているかの評価なのです。
一生懸命やったことが、しっかり出来ていれば褒めてください。あまり勉強してなかったり、理解するのが大変だった部分が出来ていなかった場合は、今後どういう対策を立てるのかを考える必要があります。お子さんと一緒に考えてみましょう。

テストでケアレスミスが多い場合は、
*字が雑で途中式などが読みづらい
*時間内に解けてはいるが、見直しをしていない
*問題文をよく読んでいない
*集中力がなくて最後の方で飽きてくる
などのお子さんによって原因が様々です。テストをよく見て、お子さんと一緒に対策を立てることが、お子さんの次回のやる気に繋がりますので、ケアレスミスを注意するだけでなく、対策をしっかり考えてください。

★親が勉強にどうかかわるか?
お子さんの性格にもよりますが、中学1年生くらいまでは親御さんが勉強内容を確認してあげた方が良いでしょう。中学2年以上になったら、自分で計画を立てて、勉強させるようにしてください。このくらいの年になって親御さんが全て管理しなければならないようでは、成績はあまり伸びません。
しっかりしているお子さんでしたら、小学校高学年くらいから、自分で勉強出来るようになります。親御さんは出来るだけ早くお子さんが自立出来るように、手助けしてあげてるといいでしょう。

おすすめ

学力は家庭で伸びる―今すぐ親ができること41 (小学館文庫) 学力は家庭で伸びる―今すぐ親ができること41 (小学館文庫)
陰山 英男

小学館 2007-02
売り上げランキング : 3992

Amazonで詳しく見る by G-Tools

(Visited 338 times, 1 visits today)
コード スニペットをコピー