小中学生で通信講座を利用しているお子さんは多いようです。カリキュラムがしっかりしていて、教材が工夫されているので、家庭学習の習慣がつけやすいと思います。また、塾に比べて費用もかからないため、気軽に申し込める利点もあります。

また、最近はインターネットやタブレットを使った学習も取り入れられ、お子さんが興味を引くように、いろいろ工夫されているものが多くあります。

しかし、実際に学力向上出来るほどしっかり利用しているお子さんは少数で、なんとなくこなしているだけだったり、教材をため込んで手をつけていないといったケースも多く見られます。

通信講座やインターネット学習塾などは、目的やお子さんの適正などを考えて、上手に利用出来るようにしましょう。

通信講座の使い方を考えてみる

学校の補習や予習、復習に利用するなら教科書準拠の通信講座を利用しましょう。
ただし、学校の授業の進度はまちまちですし、教科書通りの順番に進めないこともあります。学校の勉強に不安があり復習中心に利用したい場合は、市販の問題集や参考書も合わせて利用し、通信講座はテスト前にまとめてやるなどの方法を考えてみてください。

予習、復習中心の場合は、時間を決めて課題をこなしていかないと、課題がたまって無駄になることが多くありますので、きちんと時間を作れるかをお子さんと話し合ってから、申し込むようにしてください。

学校以外の学力強化や受験対策を考える場合は、お子さんの目的やレベルにあった通信講座を利用してください。作文や、受験算数のみ受講出来る講座もあります。

やる気があれば、やや難しめの講座にチャレンジしてみてもいいでしょう。

*Z会小学生コースですと、難関中学受験も意識したカリキュラムが組まれています。
「考える力」が、 未来を拓く。Z会小学生コース

まずはお子さんが目的意識を持って続けられるかどうかを考えてみる必要があります。

2、学習量を見直す

だいたいどの通信講座も基礎レベルから学習出来るので、レベルが高すぎるというケースは少ないと思います。
通信講座の使い方として、テキストに書き込んで、答えあわせをして見直さなかったり、簡単すぎてやっただけになってしまって、定着していないことが多いようです。塾と比べると、小テストなどで定着する機会が少ないのも通信講座での学習の欠点です。

通信講座のホームページを見て、確認テストが出来るコンテンツがないか調べてみてください。1日の学習量が少なすぎる場合は、市販の教材などで補助していく必要があります。

3.インターネットの講座を利用する

強制的に勉強する時間がないと、どうしても自主学習が出来なくて課題をためてしまうタイプのお子さんには、従来の添削型の通信講座より、ネット授業などで時間を決めて学習する講座の方が向いているかもしれません。
塾に通うより、費用も少なく済みますし、検討してみることをおすすめします。

*塾と同じカリキュラムで学習できる、インターネット通信講座
“自宅が塾になる”スクールZ、2週間の無料体験!

4. 必要な教科だけを受講する

最近は1教科だけだったり、作文力を強化する通信講座もあります。4教科や5教科だと、どうしても全部出来なくて中途半端になってしまう場合は、受験に必要な教科や苦手教科だけ受講出来るような通信講座に変えてみることを検討してみましょう。

資料請求して教材の内容を比較して、お子さんに合うものを探してみることをおすすめします。
*作文専門の通信講座
小学生の作文通信教育講座「ブンブンどりむ」

(Visited 124 times, 1 visits today)
コード スニペットをコピー