夏休み明けの生活パターンを整える準備をする

夏休みも残りわずかになってくると、やっていなかった自由研究や宿題などでバタバタして生活ペースが乱れがちになります。しかし、生活パターンが乱れたまま学校が始まると、体がだるくなったり、時差ぼけのような症状になってしまいます。

ボーとしている間に授業が進んで分からなくなってしまうことがあるので注意が必要です。

出来るだけ早く通常の学習ペースを作ることが出来るよう、今から準備をしておきましょう。

1. 生活パターンを修正する

夏休みの間に夜型になってしまっていませんか?

起床時間が急に早くなると、なかなか起きられなくなったり、疲れやすくなります。まずは、 学校に行く時と同じ時間に起きる練習 をしましょう。

また、宿題などは学校の授業時間と同じように午前中から取り組むようにしてください。

2.必要な教材を準備しておく

教科書、ノートなどが行方不明になっているとしっかり勉強する体勢に入れません。休み明けに提出するものや学校で使うものを整理して、すぐに取り出せるよう
にしておいてください。

また、今の内に必要のないプリント類などを処分するようにしましょう。

↓小学生の片付けに参考になる本

子どもがどんどん整理整頓したくなる! お片づけ帖

新品価格
¥1,188から
(2016/8/19 15:50時点)

3.9月からの計画を立てる

夏休みだけ計画を立て実行しても、9月以降何もしないようでは成績は伸びません。

9月からの勉強計画を立ててみましょう。毎日やること、テスト前に集中してやることなどを書き出してみてください。夏休みにやり残したことは9月以降にやる時を決め
ておきましょう。

また1日に勉強する時間を決めておきましょう。

特に受験生は、これからの勉強量が大切になります。模試や定期テストの日程も、あらかじめ確認して目標を決めて取り組んでいきましょう。

学習計画表のテンプレートはこちらでダウンロードできます

4. 残った課題、宿題は計画的に

宿題や課題が残ってしまった場合は、まず残っている量を把握して、1日どのくらいこなせば終わるかを考えてください。先の見通しがたてられなくて、ついのん
びりやってしまうケースが多いようです。お子さん自身で量を把握して、やり切るようにする力をつけることが大切です。
自主学習で残ってしまったことは、最優先すること以外は9月以降に計画的にやり切るようにしましょう。

(Visited 83 times, 1 visits today)