算数や数学は応用力がないと、出来る問題が限られてしまい、点数が伸び悩んで しまいます。この「応用力がない」というのは実は算数や数学だけの問題というよ り、「基本的な文章の読解力がない 文章の意味をイメージ出来ない」「じっくり 考えられない 考えるのをすぐ諦めてしまう」「どうして出来なかったか考えない」 など、基本的な勉強のやり方の姿勢の問題であるとも言えます。

 まずは、しっかり問題文を読んで、じっくり考える癖をつけるようにしなければ なりません。

 応用力のないお子さんには次のことを試してみてください。ただし、基本的なこ とがしっかり出来ていないと、これらのことをやってもあまり意味はありません。 同じ分野の基本問題が確実に出来るようにしてから、応用問題を解くようにしましょ う。

 1.長い問題文は、問題文を切って、どこまで解けるかを順序良く考える

 問題文を読んで何をしていいか分からないというケースが多いようです。順番 に最初から見直して、分かることがないかを考えるようにさせてください。図形の 問題も、分かる角度や長さなどを、最初のうちは分かることをどんどん書き込んで いきましょう。

 2.解答や解説を見ながら、式の意味を理解していく

 手が付けられない場合は、解答や解説を見ながら、この式は何を求めているのか ということを、理解しながら解いた方が時間はかかりません。解答、解説を読み取 れる力をつけてください。

 3.問題の考え方を説明させる

 問題の解き方だけを覚えてしまって、応用がきかなくなっているケースが多くあ ります。考え方をしっかり定着させるために、学校や塾で習った問題を、お子さん に説明させてみましょう。親が教えるのではなく、お子さんがお父さんやお赤さん に算数や数学を教えるようにするのです。最初は、お子さんが分かる問題で構いま せん。他人に説明することで、考える癖がつくようになります。

 *小学生の算数の練習問題プリントはこちら

 

やわらか頭になる! 算数脳トレーニングBOOK (朝日小学生新聞の学習シリーズ)

新品価格
¥1,242から
(2015/9/5 15:52時点)

(Visited 930 times, 1 visits today)
コード スニペットをコピー