中学受験を目指すお子さんは遅くとも四年生ぐらいから受験勉強をはじめるかと思います。塾の講師として受け持ったときも、ほとんどが四年生からでした。

 そこで、わたしがよく感じていたことは、保護者の皆さんがお子さんの学力に関係なく、最初からレベルの高い受験勉強を求めがちであるということでした。たとえば、小学校四年生の漢字があやふやな五年生の子にいくら中学受験のための漢字練習問題をやらせても効果がないばかりか、出来ないというストレスのために苦手意識だけが残ります。

 受験勉強はそれまでの勉強の積み重ねの上にあることを忘れないでください。そこで、まず、お子さんが学校の勉強をほぼ100%こなせているかを見てください。日本の教育には、「テストは八十点以上なら良し」とする悪しき風潮があります。しかし、考えてみてください。入学試験ならともかく、公立学校のテストは教科書の勉強の理解度をはかるものです。ですから、たとえば、あるテストが八十点なら、残りの二十点は理解していないということになります。この出来なかった二十点をそのままにして先に進み、同じことを繰り返したならば、その負の学力(出来なかった分)はテストのたびに増える一方です。学校のテストは百点が当然という意識を持ってください。そして、出来なかった分はすぐにフォローしてあげてください。

 つぎに、学校の勉強がほぼ100%こなせると判断できたならば、その子にあったレベルの勉強から受験勉強をはじめてください。そのためにはその子の学力を的確に判断する必要があります。公立学校の成績はその学校のある地域によってどうしても違いが生じてしまいます。いまは進学塾で小学校低学年から公開テストが行われいますので、将来、中学受験をお考えの保護者の方は、早い時期からそのようなテストを定期的に利用して、その時々のお子さんの学力を把握してください。

 (だからといって、低学年から塾に通わせる必要はありません。受験を目指すには、まず学校の勉強を完璧にすることが大切であることは先の述べましたが、これはご家庭で十分に可能です。三年生ぐらいまでご家庭で保護者の方が勉強を見てあげてください。塾や家庭教師はその後で十分です。)

 小学校四年生までのお子さんは学校の勉強を完璧にすることを心がけてください。それができれば、お子さんに無理な負担をかけずに中学受験を乗り越えることが可能です。私立中学は合格したものの、入学後は無気力になってしまったお子さんの例は枚挙に遑がありません。そのようなことにならないように学校の勉強で基礎作りをしっかりした上で中学受験に向かうことをお勧めします。

中学受験を考える前に読んでおきたい本

こんなハズじゃなかった中学受験 (地球の歩き方Books)

こんなハズじゃなかった中学受験 (地球の歩き方Books)
ダイヤモンド社 2009-09-11
売り上げランキング : 3215

おすすめ平均 star
star共感できるからこそ笑える。そして、泣けます!

 

Amazonで詳しく見る by G-Tools
中学受験に入れ込むあまり、先走りし過ぎて妻や子供との確執に苦悩する父親の姿を日記形式でリアルに紹介。中学受験のリアルな体験談を読むことができます。

(Visited 162 times, 1 visits today)
コード スニペットをコピー