1日の生活パターンを円グラフにしてみる

1日の生活リズムを作ることは、学習習慣を作るために大切になります。 下記のような生活計画表の円グラフを作って、1日の生活を見直してみましょう。

seikatu1

Folder-add生活計画表のダウンロードはこちら

 

使い方

毎日の生活パターンを書き込む

起床時間、就寝時間を決めましょう。次に学校の授業時間や食事、入浴などの時間を書き込みます。塾や習い事がある場合は、塾の日、塾がない日と分けて計画を立てるといいでしょう。

勉強時間を書き込んでいく

2時間枠があったら、2時間全部「勉強」とだけ書いても、何から取り組んだら良いのかわからなくなります。

宿題をやる時間、漢字を覚える時間、計算ドリルをやる時間、自主学習や通信講座の時間、塾の宿題の時間など勉強時間も種類によって分けてみましょう。

暗記はお風呂上がりや寝る前にやる、計算は朝早くやるがいいなど、効率よく学習出来る時間を考えてみることも大切です。

学習時間は30分くらいずつ、細かく分けて休憩を入れるようにしてください。いきなり3時間続けて勉強時間にするような計画は無理が出てきます。

暗記はお風呂上がりや寝る前にやる、計算は朝早くやるがいいなど、効率よく学習出来る時間を考えてみることも大切です。

1週間続けてみる

1日の計画を立てたら、まずは1週間実行してみましょう。上手くいかない場合は、もう1度計画を見直すようにしてください。

(Visited 1,656 times, 1 visits today)
コード スニペットをコピー