夏休みは、まだまだ長いと思っていると、あっと いう間に終わってしまいます。

 暑いからと夜更かしして朝寝過ごしてしまうと、1日の予定がこなしきれなくなって しまいます。また夜はついだらだらテレビを見てしまいがちになります。

  宿題や自主勉 強をする時間は出来るだけ午前中に集中する習慣をつけましょう。 

 受験生も出来るだけ午前中に集中して勉強させるようにしてください。塾が午後 からだと、昼前に起きて、塾に行って、明け方まで勉強してしまうという、「夜型」 になってしまう傾向があります。しかし、夏休み中に夜型の癖がつくと、夏休み明けに 生活パターンがなかなか元に戻らなくなり、学習効率が悪くなることにも繋がります。

・夏休みの生活は次のことに注意してください

1.見たいテレビ番組は事前に選んでおく

 どうしても見たい番組だけ、録画して時間を 決めてみるようにしましょう。ゲームやインターネットも時間を決めてやるようにして ください。

2.遊びに行く日は、遊ぶことだけに集中する

 遊びに行く日と学習する日をメリハリをつけて分けた方がいいでしょう。受験生は適度に体を動かすことも必要です。

3.夏バテや熱中症に注意して生活する

 冷房の当たり過ぎで不調になり、集中 力を欠いてしまうこともあります。長時間の外出や、部活動のときも、体調を崩さないように注意してください。

 冷房の効いた部屋や塾などで長時間勉強していることで、体調を崩してしまうこともあります。適度に体を動かしたり、気分転換する方法も考えてみてください。

おすすめ

子どもが変わる「じぶんルール」の育て方〈2〉時間のルール (子どもが変わる「じぶんルール」の育て方 2)

優先順位をつける、見通しをたてる、段取りを考える、逆算をするなどのトレーニン グで時間マネジメントを学ぶことが出来る本。大人にもおすすめです。

(Visited 315 times, 1 visits today)
コード スニペットをコピー