公立中学入学に向けて 3

公立での学習法

 今回は定期試験の成績の見方についてお話しします。現在、公立中学では前後期制をを採用している学校と三学期制の学校とがあります。定期試験は、三学期制の学校では、普通、中間テスト二回と期末テスト二回、学年末テストの五回の試験が実施されます。前後期制の学校では中間テスト二回と期末テスト二回の四回の試験になります。ただ、三学期制の学校でも一学期の中間テストを実施しない学校もあり、両制度における試験回数に顕著な違いはありません。

 これらの定期試験の成績を見る際、いちばん気をつけていただきたいことは各教科の平均点です。大多数の保護者の方は、平均点を基準にお子さんの点数を善し悪しをお考えになると思います。それ自体、間違ったことではないのですが、その基準となる平均点が問題なのです。言うまでもなく、この平均点は学年、クラスのレベルを反映するものであり、その学校内での成績の上下しかわかりません。したがって、その学校のレベルが高ければいいのですが、低ければその平均より少しぐらい点数が高くても学力的にはまったく不十分です。つまり、学校間格差や地域間格差を考慮しなければならないのです。

 このような状況で、では、一体、何点を取ればいいのかということになります。答えは簡単です。100点満点を目指すべきです。なぜ、このようなことをお話しするかと言えば、小学校の時は100点が当たり前の子どもも、中学に入った途端、100点など絶対に取れないものと思い込んでいるからです。しかし、よく考えてみてください。学校の定期試験は、試験範囲がはっきりしていて、すべてが学習したものです。そのような試験で平均点より少し上ぐらい、つまり65点や70点しか取れないということは、その程度しか授業内容を理解していないということです。また、こういった状況をおか
しいと思う感覚が子どもにも保護者にも欠けているように思えてなりません。実際、100点を目指してすぐに100点を取れる子どもはそうそうはいません。しかし、100点を目指さない子どもには90点以上の点数も取れないのです。言い換えれば、気持ちの上で80点ぐらい取れればいいやと思えば、その八割から九割の点数しか取れないでしょう。

 欧米の教育と違って日本の教育では、上の学校へ行くに従い、100点を取ることは不可能という考えが広がっていきます。また、周りもそれを追認するかのように80点で優秀とする風潮があります。入試などではそれでよいかもしれませんが、定期試験の目的が学習内容がどの程度習得したかを確認することである以上、やはり100点を、言い換えれば、授業内容の100%の理解を目指すべきです。

おすすめの本

図解 中学生からの勉強のやり方

新品価格
¥1,188から
(2015/4/5 20:57時点)

図解で分かりやすく中学生の勉強法を紹介

(Visited 221 times, 1 visits today)
おすすめの通信講座
小学生向け作文通信教育講座「ブンブンどりむ」

齋藤孝先生監修の作文通信教育「ブンブンどりむ」
無料体験キットプレゼント中

作文力をアップする通信教育。テレビ出演などでお馴染み齋藤孝先生の監修です。 小学1年生?6年生までの各コースで国語力アップ、作文力アップを目指す事ができます。赤ペンコーチの添削指導が丁寧で、作文力の強化につながります。 次のようなお子さんにおすすめです。

  • 国語が苦手
  • 受験の作文対策をしたい
  • 普段から文章をあまり書かない
スマイルゼミ

◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!

タブレットで学ぶことが出来る新しいタイプの通信講座。
教材は、毎月始めに配信されます。1か月の学習量は、「国語8回/算数8回/理科2回/社会2回/英語4回」の24講座あります。
1回の講座は約20分ほどで終えられる内容なので、家庭学習の習慣を身につけることが出来ます。

英語を標準搭載、毎月配信しているのも英語を新たに学ぶ小学生に最適です。

また中学生向けの講座もあり。こちらは定期テスト対策などオーダーメイドで設定出来るので、暗記や学習内容の定着に便利。塾に通うより費用も抑えることが出来るので、部活などで忙しい中学生にもおすすめです。

楽しみながら学習出来るので、普通の通信講座ではなかなか続けることが出来なかったお子さんにおすすめです。

Z会 小学生コース

Z会の通信教育 小学生コース

学生から高校生まで多くの方が利用しています。東大合格率が2人に1人の実績がある事でも有名です。 学年末まで経験豊かな指導者が全教科を責任もって指導する担任指導者制を採用しています。
小学生コースの場合は、学校1年生〜6年生までのコースがあって、小学校3年生からは標準コースと受験コースを選択できます。

次のタイプのお子さんにおすすめです

  • 学校の勉強がほぼ理解出来ていて、さらに学力をつけたい
  • 上位高校の受験を目指している
  • 国語、算数、理科、社会とまんべなく学力をつけたい
  • 中学受験の学習を自宅学習でやりたい。または中学受験のための基礎力をつけたい
  • 私立中高一貫高校向けのコースを希望する
天神

インターネット不要のデジタル学習教材【天神】小学生版

インターネット不要のデジタル家庭学習教材で、自宅にPCかタブレットが無料送付され学習に集中出来ます。

学力・発達状況に合わせて学習できるますので、コロナ禍で学校が休校になったときの自宅学習にも最適です。プリントして書く学習もできるのでテスト対策にもなります。

次のタイプのお子さんにおすすめです。

ネット環境がなくても学習出来る教材が欲しい。
教科書に合わせた学習がしたい。学校の休校時でもしっかり学習したい。
学年に関係なく、先取り学習や戻り学習が自由に出来るようにしたい。

東進オンライン学校 小学部

東進オンライン学校 小学部

インターネットで学習塾の授業を受けることができます。
理解を進める「授業」と、理解度を確認する「確認テスト」で"わからない"を残さず、さらには「月例テスト」でチェックして理解を定着させるシステムしっかり学習をすることができます。

次のタイプのお子さんにおすすめです

  • 学校の勉強がほぼ理解出来ていて、さらに学力をつけたい
  • 塾に通う時間がない。近所に塾がない。
  • 中学受験の学習を自宅学習でやりたい。塾の復習をしっかり自宅でやりたい。
  • クオリティの高い授業を受けてみたい。
公立での学習法塾に頼らない家庭学習法
ペンギン先生をフォローする
スポンサーリンク
まなびのへや
タイトルとURLをコピーしました