塾に頼らない基本的な家庭学習法を紹介します

夏休みの計画の立て方

夏休みに何をするかを最優先に考える

小学生の夏休みは計画を立てて、効率よく学習をする練習をする機会になります。

何日に何をやるという計画の立て方では、なかなか計画通りに進まず、かえって勉強をやる気をなくしてしまうことになりがちです。

最初に夏休みに何をどのくらいやるかを決めてから計画を立てるようにしてください。

絶対やらなければならないこと(学校の宿題など)、やっておきたいこと(苦手なところの復習、通信講座のやり直し、やっていない問題集)、出来ればやりたいこと(難しい問題など)に分けて考えるようにしましょう。

具体的な計画を立ててみる

夏休みの計画は以下のように考えて、カレンダーや計画表に書いてみてください

 1.全体の予定を把握する

まずカレンダーを用意して、決まっている行事(旅行や登校日、習い事など)を書き込 む。塾がある場合は塾の予定も書き込むようにしましょう。

遊びが優先の期間、自由研究や読書をする期間、勉強に集中する日などを決めてカレンダーに書き込んでみましょう。

 2.1日の勉強時間を決める

夏休みの学習時間は学年や受験の状況によって変わってきます。1日に何時間勉強できそうか、まずはお子さんと話し合って決めてください。

ただ普段勉強してない場合は、いきなり長時間勉強を作っても集中できません。30分くらいづつから勉強時間にをのばしていくようにしましょう。

遊びの予定がある日は1時間。塾で勉強する日は宿題や復習で2時間。何もない日 は4時間という風に、お子さんが勉強出来る範囲で決めてください。

 3.勉強する時間帯を決める

だいたい何時から何時までを勉強時間にするか決めてください。

夏休みは出来るだけ午前中に勉強時間を入れましょう。特に漢字、計算練習など毎日 必ずやることを決めて、朝一番にやる習慣をつけていけば、その後学習が楽になります。 受験生以外は午前中の勉強だけで十分です。

受験生の場合は、午前、午後、夜と細かく勉強する時間、休憩する時間を決めておき ましょう。

 4.優先的にやることを書き出す

夏休みは長いようで案外あっという間に終わってしまいます。 お子さんと親御さんの両方が、あれもこれもとやろうとしてしまうと結局消化不良で終 わってしまうことになりかねません。

どうしてもこれだけはやっておきたいという目標を各教科一つずつ作ってみてくださ い。それだけは何があってもやり遂げようとすれば、全体の勉強がスムーズに進むと思 います。

優先的にやることを決めたら、それをどの日にやっていくかを決めていきましょう。

 5.学校の課題はしめ切りを作る

学校の宿題などは、夏休み中に終わればいいと思っていると、夏休みの終わりに大量 に宿題が残っている状態になってしまいます。面倒な宿題は、しめ切り日を作るように してみましょう。

社会の宿題は7月中に終わらす。8月5日までに本を読んで8月10日までに読書感 想文を書くという風に、持ち帰った課題全てに締め切り日を作ってみてください。長期 の自由研究などは、何日までに観察して、何日までにレポートをまとめるという風に、 細かく日にちを設定するといいでしょう。

面倒な宿題を毎日1ページずつという計画は失敗しやすいので、やらなければいけな いことは早めに終わらせてしまって自主学習に当てるようにしましょう。

 6.1日と1週間ごとで計画を見直す習慣を

1日が終わったら勉強量を見直してみてください。何を勉強したかは計画表などにチェックを入れておきましょう。

計画に無理があると、ほとんどやり切れ なくて終わっていることに気づくでしょう。

また1週間終わって時点で、もう1度計画表を見直すようにしてください。無理がある場合はどんどん作り直して夏休みが終わるまでに、優先的にやることを終わらせるように考えていきましょう。

 

無料で使える学習ドリルに夏休みのカレンダー、学習計画表などをダウンロードして ご家庭でプリントアウト出来ます。是非活用してみてください。

夏休みカレンダー、学習計画表テンプレートはこちら

2015summer2

夏休みの計画にオススメ

計画力おもしろ練習帳 新装版

新品価格
¥1,296から
(2018/7/5 23:44時点)


7週間(49日間)分の書き込み式計画表があるので、夏休みに使いやすいです。
計画を立てる練習におすすめです。

(Visited 4,293 times, 1 visits today)