お子さんはお家で教科書を声を出して読んでいますか。

 もしその習慣がないのなら、毎日、十分でもお子さんに教科書を音読させてください。そして、それを周りでお父さんやお母さんが聴いてあげてください。

 お子さんはどんな読み方をしていますか。お子さんの読み方で注意して頂きたいポイントは、ひらがなのところを、とくに文末を丁寧に読んでいるか。この一つだけです。

 教科書を音読させてみると、かなりのお子さんがひらがなの部分を曖昧に読んでいます。これは早く読み終えてしまいたいという気持ちや次に出てくる漢字の方に注意が向いてしまっているからと思われます。そして、音読がこのようならば、黙読ではもっといい加減な読み方をしていると考えて良いでしょう。これでは読解力など身に付くはずもありません。

 音読する上で大切なことは、まずゆっくりと一字一字を読んでいくことです。その際、句読点は息継ぎの場所と考えてください。もし読めない漢字があったら、ふりがなをふってください。そして、毎日、わずかな時間でかまいませんので習慣となるようにしてください。そして、周りで聴いている大人が読んでいる内容をちゃんと理解できるようになったら、その子は内容をしっかり理解しながら読んでいるはずです。

 音読の良さは他にもあります。耳(聴覚)を使うことです。黙読では目(視覚)しか使いませんが、音読は声にして出すことで口と耳を使い、それが脳を刺激し、そのはたらきを活性化させます。これは英語も同じことで、語学は音読の繰り返しが基本なのです。繰り返し声に出して読むことで内容の理解が深まり、漢字の読みも自然と覚えるようになります。また、無理をせずに暗記さえできるようになるでしょう。この目・口・耳を使った国語学習は、この頃、案外ないがしろにされているように思います。読書は黙読ですし、教科書も、学校の授業で何度か音読するだけで終わってしまいます。せめて義務教育の期間だけは家での教科書の音読を実践してください。

 なお、音読は中学・高校の古典学習にも有効であることを覚えておいてください。

(Visited 41 times, 1 visits today)
コード スニペットをコピー