学習時間と教科のバランス

塾に頼らない家庭学習法

毎日の家庭学習は、各教科をバランスよく勉強していくことが大切です。特に受験生は学習量に偏りがあり成績が伸びなくなってしまうケースが多いようです。 しかし小学生でしたら、家庭学習の時間は算数と漢字、中学生は英語、数学に偏ってしまっているケースが多いようです。

 学習塾でも算数・数学や英語の講座が多く、重点的に学習することが多いようです。

 しかし、実際の定期テストや入試や全教科をまんべんなく学習することが必要となり、テスト前に慌てて勉強しても間に合わないということが多くあります。

 また、国語の読解、英語の長文読解などは、根気よく学習していかないと点数が取れるようになりませんが、家庭で継続的に学習しているお子さんは少ないようです。

 理科や社会も、小学生のうちから基本的な知識をしっかり身に付けておかないと、中学生になってから負担が増えてしまいます。学校だけ身に付いてないと思われる場合は、家庭でも学習する機会を作ることが大切になります。

 次のことに注意して、現在の各教科の学習量を一度しっかり見直してみてください。

・普段学習していない教科を学習する時間を作る

 小学生でしたら、国語の読解力をつけることは全ての教科の学習の基本となります。 しかし、家庭では漢字や簡単な学習ドリルしかやっていなく、気づいたら読解が苦手に なっているということが多いようです。  お子さんのレベルに合わせて、毎日10分くらいから、読解の問題をやってみること をおすすめします。

  理科、社会は、受験生でなければ教科書の内容を週1回くらい読み直す、簡単な問 題集をやってみる時間を作ってください。

 受験生は理科、社会も大切になってきます。算数に偏りがちですが、毎日覚える(1 0分から30分程度)週1〜2回はじっくり問題を解く(30分から1時間)よう計画 を立てましょう。

 中学生になると、教科のバランスは大切になります。塾や家庭では英語、数学しか学 習しないことも多いようですが、テスト前になると慌てて他教科の学習を始めることに なり、肝心な英数の直前学習まで不十分になってしまいがちです。

 国語、社会、理科も、週1回以上は教科書の内容を読み返し、問題集をやってみる、 重要事項を覚える時間を作りましょう。

・教科ごとの1週間の学習時間を決めてみる

 どうやって学習のバランスをよくしていけばいいか分からない場合は、とりあえず1 週間の家庭学習の時間を決めてください。

例) 算数:5時間

   漢字練習:2時間

   国語(読解):3時間

   理科:1時間

   社会:1時間

 こうすれば、算数は月曜から金曜日まで毎日1時間ずつ、漢字は毎日20分朝やる  読解は 毎日30分ずつ、 理科と社会は土日に1時間ずつやればいい とだいたいの学習時間を決められると思います。

 1日の学習時間はお子さんが集中出来る時間×2セットくらいを目安に考えてみましょ う。

 低学年でも1時間机に向かって集中出来れば、休憩を入れて毎日2時間勉強しても大 丈夫です。しかし、高学年や中学生でも30分も集中出来ないお子さんもいます。その 場合は、まずは15分の学習を2つ、必ずやると決めて続けてみてください。

 急にたくさん勉強することは出来ません。少しずつ増やしていくことが大切です。

・1つの教科をだらだら何時間も勉強しない

 以前家庭教師をしていたお子さんで、親御さんが休日に強制的に1日中勉強させてい たことがありましたが、1ページの計算問題を1時間かけてダラダラやっていただけで、 全く効果がないということがありました。

 学習に時間がかかるお子さんは長時間勉強させなければ・・・と思われる親御さんも いますが、長い時間勉強すると、余計に時間がかかるようになってしまって逆効果にな ります。

 たくさん問題を出来なくても構いませんので、時間がかかるお子さんほど、10分やっ たら終わりと時間を区切ることが大切です。

 まずは、10分で出来る量を増やしていくことを目標にしましょう。

小学生の学力は「計画力」で決まる!

新品価格
¥1,512から
(2015/4/5 21:48時点)

(Visited 824 times, 1 visits today)
おすすめの通信講座
小学生向け作文通信教育講座「ブンブンどりむ」

齋藤孝先生監修の作文通信教育「ブンブンどりむ」
無料体験キットプレゼント中

作文力をアップする通信教育。テレビ出演などでお馴染み齋藤孝先生の監修です。 小学1年生?6年生までの各コースで国語力アップ、作文力アップを目指す事ができます。赤ペンコーチの添削指導が丁寧で、作文力の強化につながります。 次のようなお子さんにおすすめです。

  • 国語が苦手
  • 受験の作文対策をしたい
  • 普段から文章をあまり書かない
スマイルゼミ

◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!

タブレットで学ぶことが出来る新しいタイプの通信講座。
教材は、毎月始めに配信されます。1か月の学習量は、「国語8回/算数8回/理科2回/社会2回/英語4回」の24講座あります。
1回の講座は約20分ほどで終えられる内容なので、家庭学習の習慣を身につけることが出来ます。

英語を標準搭載、毎月配信しているのも英語を新たに学ぶ小学生に最適です。

また中学生向けの講座もあり。こちらは定期テスト対策などオーダーメイドで設定出来るので、暗記や学習内容の定着に便利。塾に通うより費用も抑えることが出来るので、部活などで忙しい中学生にもおすすめです。

楽しみながら学習出来るので、普通の通信講座ではなかなか続けることが出来なかったお子さんにおすすめです。

Z会 小学生コース

Z会の通信教育 小学生コース

学生から高校生まで多くの方が利用しています。東大合格率が2人に1人の実績がある事でも有名です。 学年末まで経験豊かな指導者が全教科を責任もって指導する担任指導者制を採用しています。
小学生コースの場合は、学校1年生〜6年生までのコースがあって、小学校3年生からは標準コースと受験コースを選択できます。

次のタイプのお子さんにおすすめです

  • 学校の勉強がほぼ理解出来ていて、さらに学力をつけたい
  • 上位高校の受験を目指している
  • 国語、算数、理科、社会とまんべなく学力をつけたい
  • 中学受験の学習を自宅学習でやりたい。または中学受験のための基礎力をつけたい
  • 私立中高一貫高校向けのコースを希望する
天神

インターネット不要のデジタル学習教材【天神】小学生版

インターネット不要のデジタル家庭学習教材で、自宅にPCかタブレットが無料送付され学習に集中出来ます。

学力・発達状況に合わせて学習できるますので、コロナ禍で学校が休校になったときの自宅学習にも最適です。プリントして書く学習もできるのでテスト対策にもなります。

次のタイプのお子さんにおすすめです。

ネット環境がなくても学習出来る教材が欲しい。
教科書に合わせた学習がしたい。学校の休校時でもしっかり学習したい。
学年に関係なく、先取り学習や戻り学習が自由に出来るようにしたい。

東進オンライン学校 小学部

東進オンライン学校 小学部

インターネットで学習塾の授業を受けることができます。
理解を進める「授業」と、理解度を確認する「確認テスト」で"わからない"を残さず、さらには「月例テスト」でチェックして理解を定着させるシステムしっかり学習をすることができます。

次のタイプのお子さんにおすすめです

  • 学校の勉強がほぼ理解出来ていて、さらに学力をつけたい
  • 塾に通う時間がない。近所に塾がない。
  • 中学受験の学習を自宅学習でやりたい。塾の復習をしっかり自宅でやりたい。
  • クオリティの高い授業を受けてみたい。
塾に頼らない家庭学習法学習法のポイント学習習慣のつけ方
ペンギン先生をフォローする
スポンサーリンク
まなびのへや
タイトルとURLをコピーしました