塾に頼らない基本的な家庭学習法を紹介します

朝の15分を有効に活用する

 小学高学年や中学生になると、夜は習い事、部活、塾などで帰宅も遅くなり、夜は眠くて勉強に集中出来ないということも多いと思います。眠い時に机の前に座っていても非効率になるだけで、全く意味がありません。

 小学生のうちから、朝15分間、漢字、計算、暗記ものなど、簡単な勉強をする癖をつけると良いでしょう。1日15分でも6日続ければ1時間半の学習時間になります。週1回1時間半塾で学習するのと同じ時間になるだけでなく、朝の冴えた頭で学習する方が効率も上がります。是非実行してみてください。

朝学習の例

  • 漢字を10個を覚えて書き取り練習
  • 計算ドリルを1ページやる
  • 英単語を10個を覚える
  • 前の日に勉強したノートを見直す
  • 市販の10分テスト、ドリルなどをやってみる
  • 10分本を読む、新聞を読んでみる
  • 都道府県や歴史の年号など、社会の暗記事項を覚える
  • 学校の小テストの勉強をする
  • 100時程度の作文を書く

         ・・・etc

 朝学習は集中して勉強する練習にもなります。1つか2つ課題を決めて取り組んでみてください。

?おすすめ

元気な脳が君たちの未来をひらく―脳科学が明かす「早寝早起き朝ごはん」と「学習」の大切さ (くもんジュニアサイエンス)

新品価格
¥1,512から
(2015/4/5 21:54時点)

毎日の学習が、脳とどう関係あるのかを説明しています。

(Visited 660 times, 1 visits today)