読書感想文の書き方

塾に頼らない家庭学習法

読書感想文は書き方を覚えれば簡単に書ける

夏休みの宿題の中で時間がかかるのは読書感想文です。面倒な課題に感じて苦手にしているお子さんも多いと思いますが読書感想文は基本的な書き方にそって書いていけばそれほど難しくありません。

まずは下記のことを参考にして、読書感想文を書いてみましょう。

感想文を書きやすい本を選ぶ

読書感想文を書くにはまずは本を読まなければなりません。しかし普段読書の習慣がないと1冊を読み切るのに苦労してしまいます。しっかり内容を理解して本を読み切らないと読書感想文も上手く書けません。

気乗りがしなくて、なかなか読みきれない場合は思い切って他の本を選ぶようにしましょう。

読書をしたら読書日記をつけることをおすすめします。

夏休みの読書記録をつけよう

読書日記を書いていく中で、感想文を書く本を選んでみることをおすすめします。

読書感想文を書く準備をする

読書感想文を書く前に、感想文を書く準備をしましょう。

本を読む前に、どうしてその本を選んだかメモをしておくことをおすすめします。作品や作書について調べたり、作品の書かれた時代背景なども調べてみてもいいでしょう。

ページ数が多い本を読んでいくと「全部読んでから書く」とあらすじが書けないということもあるかもしれません。この場合は本を読みながら印象に残った部分にしおりをはさんでみたり、読みながら印象に残ったところをメモしてむることをおすすめします。

★下記のページの一番下にある読書カードのテンプレートを活用してみてください。
http://drill.es70.com/bankyoho/summer.html

読書感想文の構成

読書感想文はまずは以下の構成で書いてみましょう。

読書感想文をどういう順序で行くか、その構成は大きく分けて四つになります。

(1)読書の動機やきっかけ
その本を読むきっかけや動機について簡潔に述べます。

(2)作者とあらすじの紹介
あらすじをまとめることはその本をしっかり理解していなければなりません。ただ、だらだらと話の流れを追うのではなく、内容の要点を簡潔にまとめることが肝心です。

(3)感想
その本を読んで感じたことを読み手にわかりやすいよう工夫しながら書きます。自分の経験と比較して感想を書いてみることもおすすめです。

(4)今後の読書について
その本を読んだことで、これからどんな本を読んでいきたいと思っているかなどの今後の読書計画について述べます。

なお、(1)(4)は必要としない場合もありますし、構成の順序は変えてみて印象に残る文章にしてみるなど工夫してください。

読書感想文の書き方

読書感想文を書くときには次の点に注意しましょう。

(1)あらすじの紹介は簡潔にする。

読書感想文は、言うまでもなく、感想を述べる部分が中心になります。あらすじの紹介はそのための補助的な部分です。感想に関わる部分はやや詳しく、それ以外のところは簡潔にまとめるようにしましょう。

夏休みの読書記録をつけようの記事内のあらすじの書き方を参考にしてみてください。

(2)自分の感想と他の部分をはっきり区別して書く。

どこからどこまでが感想なのか、それがはっきりしなければ読み手にもわかりづらくなります。まず、自分の感想をはっきりまとめます。また、そのさいにはあれもこれもではなく、二つか三つに絞るようにします。

また、「読んでいて悲しかった」「とても楽しいお話だった」くらいの感想しか出てこなくて、言葉が繋がらないということも多いようです。このような場合は、お子さんと次のようなことを話し合って、出来るだけ中身のある感想を引き出してあげるようにしてください。

例)

  • 自分が主人公だったらどうするか、どのように感じるか。
  • 身近に似たような話や出来事はないか。
  • 作者は何を訴えたかったのか。どんな人に読んで欲しいと思ったのか。
  • 話の続きはどうなると思うか。
  • 一番好きな場面はどこか。一番好きな登場人物は誰か。その理由は。
    *話し合ったことをメモして、後で文章にしていきましょう。

(3)読み手にわかりやすいように工夫して書く

他の人が読んでわかる文章を書くことが大切です。文章は他の人に自分の考えや感じたことを伝えるために書くものです。このこと忘れずに、まず下書きをします。そして、書いた文章は何度か自分で読み直してみましょう。もしわかりづらいかなと思うところは書き直す手間を惜しまないようにしてください。

他の人が書いた読書感想文を読んでみる

読書感想文のコンクールで入賞した作品をインターネットで読むことが出来ます。

必ずこうやって書かなければいけないというものではありませんが、読書感想文を書くときに参考にしてみましょう。

青少年読書感想文全国コンクール 入賞者紹介
読書感想文全国コンクール公式サイト
半世紀を超えて多くの児童や生徒に取り組み続けられている読書感想文。読書の感動を文章に表現することを通じて、読書の楽しさや素晴らしさを体験してもらい、子どもや若者たちの考える力を育んでいます。
1万年堂出版 読書感想文コンクール
読書感想文コンクール(第11回) - 1万年堂出版
多くの中学生・高校生の方も参加している1万年堂出版の読書感想文コンクールです。感動の入選・入賞作品をぜひお読みください!

読書感想文を掲載している本もいろいろ出版されているので参考にしてみてください。

考える読書 第65回青少年読書感想文全国コンクール入賞作品集

新品価格
¥2,200から
(2021/7/27 23:38時点)

読書感想文の参考になる本

ドラえもんの国語おもしろ攻略 読書感想文が書ける (ドラえもんの学習シリーズ)

新品価格
¥935から
(2021/7/27 23:39時点)

読書感想文がスラスラ書ける本 小学5・6年生

新品価格
¥880から
(2021/7/27 23:40時点)

(Visited 374 times, 1 visits today)
おすすめの通信講座
小学生向け作文通信教育講座「ブンブンどりむ」

齋藤孝先生監修の作文通信教育「ブンブンどりむ」
無料体験キットプレゼント中

作文力をアップする通信教育。テレビ出演などでお馴染み齋藤孝先生の監修です。 小学1年生?6年生までの各コースで国語力アップ、作文力アップを目指す事ができます。赤ペンコーチの添削指導が丁寧で、作文力の強化につながります。 次のようなお子さんにおすすめです。

  • 国語が苦手
  • 受験の作文対策をしたい
  • 普段から文章をあまり書かない
スマイルゼミ

◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!

タブレットで学ぶことが出来る新しいタイプの通信講座。
教材は、毎月始めに配信されます。1か月の学習量は、「国語8回/算数8回/理科2回/社会2回/英語4回」の24講座あります。
1回の講座は約20分ほどで終えられる内容なので、家庭学習の習慣を身につけることが出来ます。

英語を標準搭載、毎月配信しているのも英語を新たに学ぶ小学生に最適です。

また中学生向けの講座もあり。こちらは定期テスト対策などオーダーメイドで設定出来るので、暗記や学習内容の定着に便利。塾に通うより費用も抑えることが出来るので、部活などで忙しい中学生にもおすすめです。

楽しみながら学習出来るので、普通の通信講座ではなかなか続けることが出来なかったお子さんにおすすめです。

Z会 小学生コース

Z会の通信教育 小学生コース

学生から高校生まで多くの方が利用しています。東大合格率が2人に1人の実績がある事でも有名です。 学年末まで経験豊かな指導者が全教科を責任もって指導する担任指導者制を採用しています。
小学生コースの場合は、学校1年生〜6年生までのコースがあって、小学校3年生からは標準コースと受験コースを選択できます。

次のタイプのお子さんにおすすめです

  • 学校の勉強がほぼ理解出来ていて、さらに学力をつけたい
  • 上位高校の受験を目指している
  • 国語、算数、理科、社会とまんべなく学力をつけたい
  • 中学受験の学習を自宅学習でやりたい。または中学受験のための基礎力をつけたい
  • 私立中高一貫高校向けのコースを希望する
天神

インターネット不要のデジタル学習教材【天神】小学生版

インターネット不要のデジタル家庭学習教材で、自宅にPCかタブレットが無料送付され学習に集中出来ます。

学力・発達状況に合わせて学習できるますので、コロナ禍で学校が休校になったときの自宅学習にも最適です。プリントして書く学習もできるのでテスト対策にもなります。

次のタイプのお子さんにおすすめです。

ネット環境がなくても学習出来る教材が欲しい。
教科書に合わせた学習がしたい。学校の休校時でもしっかり学習したい。
学年に関係なく、先取り学習や戻り学習が自由に出来るようにしたい。

東進オンライン学校 小学部

東進オンライン学校 小学部

インターネットで学習塾の授業を受けることができます。
理解を進める「授業」と、理解度を確認する「確認テスト」で"わからない"を残さず、さらには「月例テスト」でチェックして理解を定着させるシステムしっかり学習をすることができます。

次のタイプのお子さんにおすすめです

  • 学校の勉強がほぼ理解出来ていて、さらに学力をつけたい
  • 塾に通う時間がない。近所に塾がない。
  • 中学受験の学習を自宅学習でやりたい。塾の復習をしっかり自宅でやりたい。
  • クオリティの高い授業を受けてみたい。
塾に頼らない家庭学習法夏休みの学習法
ペンギン先生をフォローする
スポンサーリンク
まなびのへや
タイトルとURLをコピーしました