塾に頼らない基本的な家庭学習法を紹介します

小数、分数の計算に強くなる方法

小学生のうちに、小数や分数の計算をしっかり身につけなければらない

小数や分数の計算は、小学校のうちにしっかり身につけないと、中学や高校の勉強もついていけなくなってします。

中学の数学では、小数や分数の計算力が必要になることが多いですし、理科の計算問題にも必要になります。社会の資料の読み取りに関する問題でも計算力が必要になります。

小数や分数の計算がはやく正確に出来ないと、問題を解くのに時間がかかって成績が伸びなくなってしまいます。

以下の点に気をつけて、小学校3年生、4年生になった時点で小数、分数の概念、計算問題が出てきたら重点的に学習するようにしてください。

小数、分数の意味をしっかり理解する

小学校3年生から小数、分数の概念を学習します。定規やケーキなど身近なものを利用して、小数、分数の意味を感覚的に身についているか確認してください。

小学校4年生では、真分数、帯分数、仮分数の意味、帯分数→仮分数 仮分数→帯分数に直す練習、分数の大きさや等しい分数を理解するようにしてください。

小学校5年生では通分や約分の意味、分数を小数に直したり、小数を分数に直せるようにしなければなりません。

どの学年でも文章題をしっかり解いて、小数や分数の意味を理解できるようにしましょう

分数・小数がわかる (ドラえもんの学習シリーズ―ドラえもんの算数おもしろ攻略)

新品価格
¥821から
(2018/4/13 21:12時点)

小数はわり算が苦手になる

小数のわり算はわり切れない場合の四捨五入やあまりを出す問題でひっかかったり、小数でわるわり算で小数点を動かすという作業に時間がかかってしまうケースも多くなります。

小数点の位置をしっかり確認するために、マス目のあるノートなどで正確に計算する練習をしていってください。

また、整数のわり算が苦手でしたら、当然小数のわり算も出来なくなります。整数のわり算を暗算、筆算とも100%近く出来るようにしてから、小数のわり算に取り組みましょう。

また、あまりを出すときに間違えやすくなります。確かめの計算をしたり文章題を解くなどして、あまりの意味をしっかり確認してください。

後は、基本的な練習問題を段階的に進めていくようにしましょう。

いっきに極める算数 3 小学3~5年の小数の計算

新品価格
¥1,080から
(2018/4/13 21:13時点)

分数の計算は途中式を書く

 

分数の計算はいろいろな基本事項を組み合わせて考える必要があります。途中式をしっかり描いて1つ1つの過程をしっかり計算していく必要があります。

通分や、帯分数から仮分数に直す途中計算は、しっかり残すようにして間違えた場合はどこで間違えているのか確認する習慣をつけましょう。
通分が苦手なお子さんは、公倍数を頭で計算出来なくて時間がかかるケースが多いようです。通分の練習問題などで、時間をかけずに出来るよう練習しましょう。

また、帯分数を一度仮分数に直すような問題は面倒くさがって途中式を書かなくなってしまうことも多いようです。全て暗算で出来るようにならない限り、計算過程を書いていないと正確な計算は出来なくなります。計算が複雑になってきたら、必ず計算過程を順序良く書くよう指導してください。

分数の計算―にがて項目をたいじする (5分間できるにかわるドリルシリーズ 8)

新品価格
¥545から
(2018/4/13 21:14時点)

★ 小数、分数の無料計算練習プリントはこちらで配布しています。↓

無料で使える学習ドリル http://manabi.xsrv.jp

おすすめ

小学算数計算問題の正しい解き方ドリル 5年―分数や小数の計算をトレーニング

新品価格
¥605から
(2018/4/13 21:15時点)

(Visited 49 times, 1 visits today)