国語の辞典と言えば、主としてことばの意味を調べる国語辞典と漢字を調べる漢和辞典がありますが、小学校の段階では国語辞典が漢和辞典の役割も担っていると言っていいでしょう。つまり、国語辞典が十分に使いこなせれば、漢和辞典はあまり必要とは思いません。では、その国語辞典をいつ頃から使い始めたらよいのかということになります。わたしは早ければ早いほどよいと思っています。小学校に入学して、子どもは日々いろいろとわからないことばや漢字に出会います。そのとき、子どもは周りにいる大人に尋ねてくるでしょう。そのさい、大人がすぐにその質問に答えるのではなく、子どもと一緒にまず国語辞典で調べてみることをお勧めします。国語辞典は必ず小学生用のものをお使いください。漢字にはふりがなもふってあり、大人が少し説明してあげれば、小学校の低学年の子どもでも十分理解できるはずです。

 最初はなかなか目的のことばや漢字が探し当てられないかもしれません。そういうときは、少しヒントを与えて、あくまでも自分の力で見つけさせてください。そして、目的のことばや漢字が探せたら、その項目を一緒に読むようにしてください。わからない漢字を調べるときなど、見出しの漢字だけを見てそれ以外は読もうとしないお子さんが実に多いのです。それでは漢字の意味もわからず、ただ写しているだけになってしまいます。

 国語辞典に限らず、辞典とは読むものであるという習慣を小さいときから身につける必要があると思います。そして、これは図鑑や百科事典などにもあてはまります。最初は写真や絵だけを見ていても、そこに解説が書かれているならば、一緒に読んであげてください。こういった日常のちょっとした習慣から、子どもは自然と国語力を身につけていきます。

(Visited 41 times, 1 visits today)
コード スニペットをコピー