いままで三回にわたり、国語学習の際の具体的なポイントを中心にお話ししました。そこで、今回は国語を苦手とするお子さんの学習のポイントについてお話しします。

 それはその子に適した学力時点に戻ることです。

 たとえば、小学校五年生のお子さんで漢字が苦手ならば、小学校三年生の漢字練習まで戻ってください。現在の学習指導要領では、三年生から学習する漢字が急激に増えます。そのとき、しっかりと漢字練習をしていればなにも問題は生じないのですが、高学年で漢字が苦手なお子さんはそのときの漢字練習がおろそかになっていたに違いありません。小学校で習得しなければならない漢字は、将来の高校進学、大学進学に向けての学習に必須のものです。そしてなによりも、読解力の基礎を身につけなければいけない小学校高学年の勉強に大きな悪影響を及ぼします。もし、このように漢字が苦手なお子さんがいたら、冬休みや春休みなどのまとまったお休みのときに集中して学習するようにしてください。

 また、読解力が弱いと思われる場合も同じです。よく「読書をすればノ」とおっしゃる保護者の方もいらっしゃますが、読解力がないのに読書を強要しても子どもにとっては苦痛になるだけで、ますます国語が嫌いになってしまいます。まずはその子が理解できる学年の問題集を解くことからはじめてください。薄い問題集で、その子の学力には少し簡単な程度のものがちょうど良いと思います。そして、一冊が終わったら次の学年へと進めてください。

 戻ることで現在の勉強がおろそかになるのではとご心配なさる保護者の方もいるでしょう。しかし、基礎ができていないのに、それよりもはるかに難しいことを勉強しても身に付きません。できれば長期休みのときを利用するのが理想的とは思いますが、日頃からも週末などに少しずつでも実践していただきたいと思います。

 学校はもちろんのこと、塾でも戻って勉強をすることはまずないでしょう。それができるのは家庭学習だけです。もしお子さんが国語のある分野が苦手なら、それがいつから苦手になったかを突き止めてください。必ずその時点があります。そして、それがわかったら、その時点に戻って勉強をはじめてください。中学校より小学校高学年、高学年より中学年、苦手分野の克服は早いにこしたことはありません。のちのちのお子さんの負担を少なくするためにも、気づいたら、すぐ実践してください。

(Visited 56 times, 1 visits today)
コード スニペットをコピー