塾に頼らない基本的な家庭学習法を紹介します

読書と国語力

読書は作文力アップに役立つ

これはいまに始まったことではありませんが、小中学生の読書量が減って活字離れが進んでいます。その結果、子どもの読解力はもとより、作文力までもが低下し
ています。

読書と作文、つまり読む力と書く力とは表裏の関係にあります。文章を書く最初の一歩はまねることです。身近にある文章をまねて自分でも文章を書いてみる。そ
の文章に使われいる表現を自分も使ってみる。また、自分が書いた文章を読み直して、文章におかしなところはないか、誤字脱字はないかを確認する。こうした書く
力を身につけるには、まず読書の習慣をもち、読む力を身につけることが必要であることは言うまでもありません。

子どもが本を読まなくなっている

子どもは確実に本を読まなくなっています。大学生でも四年間で一度も大学の図書館に入ったことのない学生さえいるぐらいです。このような学生は例外
としても、小中学生にとっては、周りに楽しいもの、興味を引くものがたくさんある現在の環境では、活字離れは必然的な流れなのかもしれません。

保護者の方は読書をするように口を酸っぱくしておっしゃるかもしれませんが、お子さんは聞く耳持たずで、いっこうに本を読もうとしないのが現実ではないでしょうか。

 

大人が読書の習慣を示す

読書は勉強だと考えている子どもが実に多いように思います。ここで保護者の方にご自身の読書の習慣を振り返っていただきたいのです。とくにお子さんが幼稚園、
小学校低・中学年のころです。そのころご両親は読書をしていましたか。より正確に言えば、読書をしている姿をお子さんに見せていましたか。ご両親が読書好きで
本に囲まれた環境に育った子どもは自然と本を読むようになるものです。それとは反対に、まったく読書という習慣のない家庭で育った子どもはいくら読書をするよ
うに言われても、読書に何の興味も関心ももたないでしょう。

小学生のうちから読書を習慣にすることが出来るような家庭環境を親御さんが作っていくことが大切です。毎日30分くらいで十分です。親御さんが率先して本
を読むようにしてください。

 

受験生は問題集や入試問題から興味のある本を探してみる

また、受験生になると、どうしても問題集や模擬試験などで、長文の切り抜きの問題を読む時間に気を取られて、まとまった読書をする時間がなくなってしまい
ます。お子さんがどのようなレベルの読解問題を解いているか、出来るだけ目を通してみてください。入試でよく出題されるものや、続きを読みたいと感じた場合は、
お子さんと一緒に全文を読んでみるといいでしょう。

 

読書記録をつける

本を読んだら読みっぱなしにするより、簡単な感想を書く「読書記録」をつけることも、国語力を上げるのに有効です。

読書記録の書き方はこちらを参考にしてください。

読んだ本のあらすじをまとめたり、感想自分の言葉で書くためには文章力が必要になります。低学年のうちから読書記録をつけることをおすすめします。

*市販の読書記録用のノートを使うこともおすすめします。

読書記録ノート A6サイズ ムーミン 読書 ED030-64 60冊分収録可能 学研ステイフル

新品価格
¥324から
(2019/2/26 00:12時点)

作文力アップにおすすめの通信講座




AIでは代替できない!? 記述力や読解力
身につけるなら「ブンブンどりむ」で♪
無料体験キットプレゼント中!


マンガ形式の楽しいテキスト。楽しく学習しながら作文力を身につけることが出来ます。

(Visited 96 times, 1 visits today)