バランスよく勉強する習慣をつける

小学生でしたら、家庭学習の時間は算数と漢字、中学生は英語、数学に偏ってしまっているケースが多いようです。
確かに算数や数学や漢字の書き取り、英語の単語を覚える、文法問題などは、ドリルや問題集も多く、お子さんも学習に取り組みやすいでしょう。

しかし、中学での定期テストでは全教科をまんべんなく学習することが必要となり、テスト前に慌てて勉強しても間に合わないということが多くあります。
また、国語の読解、英語の長文読解などは、根気よく学習していかないと点数が取れるようになりませんが、家庭で継続的に学習しているお子さんは少ないようです。

一度お子さんの家庭での学習時間のバランスを見直してみることをおすすめします。

普段学習していない教科を学習する時間を作る

小学生でしたら、国語の読解力をつけることは全ての教科の学習の基本となります。しかし、家庭では漢字や簡単な学習ドリルしかやっていなく、気づいたら読解が苦手になっているということが多いようです。
お子さんのレベルに合わせて、毎日10分くらいから、読解の問題をやってみることをおすすめします。

理科、社会は、受験生でなければ教科書の内容を週1回くらい読み直す、簡単な問題集をやってみる時間を作ってください。
受験生は理科、社会も大切になってきます。算数に偏りがちですが、毎日覚える(10分から30分程度)週1〜2回はじっくり問題を解く(30分から1時間)よう計画を立てましょう。

教科ごとの1週間の学習時間を決めてみる

どうやって学習のバランスをよくしていけばいいか分からない場合は、とりあえず1週間の家庭学習の時間を決めてください。

例) 算数:5時間  

   漢字練習:2時間 

   国語(読解問題):3時間 

   理科(教科書、問題集):2時間

   社会(教科書、暗記、問題集):2時間

こうすれば、算数は月曜から金曜日まで毎日1時間ずつ、漢字は毎日20分朝やる
読解は 毎日30分ずつ、 理科と社会は土日に1時間ずつやればいいとだいたいの学習時間を決められると思います。

1日の学習時間はお子さんが集中出来る時間×2セットくらいを目安に考えてみましょう。

低学年でも1時間机に向かって集中出来れば、休憩を入れて毎日2時間勉強しても大丈夫です。しかし、高学年や中学生でも30分も集中出来ないお子さんもいます。その場合は、まずは15分の学習を2つ、必ずやると決めて続けてみてください。
急にたくさん勉強することは出来ません。少しずつ増やしていくことが大切です。

こちらの1週間の「やることリスト」を記入して各教科の勉強時間のバランスを考えてみましょう。

学習計画・学習日記テンプレート

1つの教科をだらだら何時間も勉強しない

以前家庭教師をしていたお子さんで、親御さんが休日に強制的に1日中勉強させていたことがありましたが、1ページの計算問題を1時間かけてダラダラやっていただけで、全く効果がないということがありました。
学習に時間がかかるお子さんは長時間勉強させなければ・・・と思われる親御さんもいますが、長い時間勉強すると、余計に時間がかかるようになってしまって逆効果になります。
たくさん問題を出来なくても構いませんので、時間がかかるお子さんほど、10分やったら終わりと時間を区切ることが大切です。

 まずは、10分で出来る量を増やしていくことを目標にしましょう。

あわせて読む

おすすめ




小中学生対象♪POPでキュートな学習教材♪デキタス誕生♪

(Visited 369 times, 1 visits today)