時間を決めて家庭学習を習慣化する

本来学校や塾だけで学力をつけるべきですが、現在の学校や塾の授業だけでは「学力を定着させる」時間は不十分です。

しっかりとした学力をつけるためには、家庭で復習する、重要なことを覚える、ドリルや問題集をやる時間が必要になります。

宿題がある日だけ勉強していると、それ以外の自主的な学習が出来なくなり、学年が上がって少し内容が難しくなってくると、勉強についていけなくなってしまいます。家庭学習は毎日一定の時間行うことが大切になります。

小学生のうちから、家庭学習をする時間と、毎日やる量を決めて、習慣化するようにしてみましょう。

勉強する時間を決める

A Concept Based on an Educational Time for Learning

今まで全く勉強してないお子さんに、毎日何時間も勉強させることは難しくなります。

低学年のうちは1日20〜30分でもいいので勉強する時間を親御さんが決めるようにしましょう。まずは夕飯前に15分、寝る前に15分という短時間でも構いません。始めてしまえば、少しずつ長時間学習出来るようになると思います。

勉強する時間は、お子さんが集中できる時間をいろいろ試して決めていきましょう。

学校から帰宅した後が比較的集中しやすい時間だと思います。習い事などで忙しい場合は、習い事のある日、ない日で勉強する時間を変えてみてください。

夕飯後だと眠くなってしまうという場合、どうしてもテレビ番組に気をとられる場合は、思い切って朝の時間を使ってみてもいいでしょう。集中できない時間帯を勉強時間にあてても効率が悪くなります。

慣れてきたら、1日1時間以上、高学年や受験生なら2時間から3時間は毎日勉強時間を作るようにしていってください。

毎日勉強する内容を決める

勉強量はたくさんやればいいというものではありません。必要なことを効率よくこなすことが大切です。

学校の勉強があまり分かってないようであれば、毎日学校の復習をすることから始めていきましょう。毎日1教科15分でいいので、教科書を読み直す、漢字ドリル、計算ドリルを中心に学校でやったことをやり直す習慣をつけてください。分からないところがある場合は、どこで分からなくなっているのか、親御さんと一緒に見直す時間を作りましょう。

学校の勉強はほぼ出来ている場合は、学校の勉強+自主学習の時間を作ってください。自主学習の時間はそれほど長くなくても構いません。やる問題集などを決めて、1日1ページずつこなしていきましょう。

通信講座を受講している場合は、教材や課題を溜め込まないことが大切です。1日1教科、1課題はやるなど決めて、毎日30分でもいいので、課題をやるようにしてみてください。

また、漢字ドリルや計算ドリルなど、短時間で出来る勉強は、時間をはかって取り組んでみましょう。10分以内で漢字ドリルと計算ドリルを1ページずつやってから、学校の宿題などに取りかかるような習慣をつけてみてください。

中学受験を目指すなど、学習内容の難しい塾に通っている場合は、塾の宿題だけでなく塾で習ったことを一通りやり直す時間を作ってみましょう。

大切なことは、毎日これだけは必ずやるということを決めることです。毎日家庭学習で必ずやることは、お子さんが苦手なことより得意なことを伸ばす方に重点を置いた方が、全体的な学習効率を上げることができます。計算を早く出来るようにする、漢字をたくさん覚える、日本地理の内容を全部覚えるなど、お子さんが取り組みやすいことを毎日やる習慣をつけることで、家庭学習を習慣化するようにしてみましょう。

おすすめ

小学生のうちに身につけたい! 「勉強」のキホン

新品価格
¥1,512から
(2019/6/12 01:50時点)

(Visited 1,695 times, 1 visits today)