塾に頼らない基本的な家庭学習法を紹介します

勉強部屋や鞄の中身の整理する

整理出来ていないと勉強に取りかかれない

 

勉強を始めようと思っても、何からやっていいか分からない。宿題をやろうと思っても、必要な教材が見つからない、学校に忘れてきてしまうなどという状態では成績は上がりません。

教材や文房具などがすぐに取り出せるようになっていることが大切です。

次のポイントに注意して、一度お子さんの学習環境を見直してみてください。

勉強する机や部屋を見直してみる

まずは、普段お子さんが勉強している場所を見直してみましょう。

見た目は綺麗に片付いていなくても構いません。教科書、ノート、文房具など必要なものがすぐに取り出せるようになっているかを確認してみてください。

「コンパスを出して」と言ってすぐに出てこないようでは、効率よく学習することは出来ません。

どこに何があるかすぐ分かるような部屋作りをしてみてください。

学校では教えてくれない大切なこと1整理整頓

よく使うものと使わないものを分ける

一見綺麗に片付いているようでも、使っているプリントを無造作に引き出しに入れて重なっていくだけになっていたり、使わなくなったノートや教科書などが一緒になっていないかもチェックしてみましょう。

ノート類がすっきり片付けられていると、すぐに取り出して勉強に取りかかりやすくなります。

使わないプリントやノートは結構溜まっていくものです。使うことはないけれど捨てられないような場合は、保管場所を作ってそちらに入れるようにしていきましょう。

プリントやテストなどは教科別に分けておく

プリント類は教科別に分けて、クリアーファイルに入れていきましょう。あまりきっちり仕分けしすぎると、そちらに時間を取られて肝心な勉強が出来なくなるので、大雑把に分けられるようにしてください。

使わないものはどんどん処分していくことも大切になります。

ドキュメントスタンド A4 書類ケース ファイルボックス 24分類 大容量 耐用

新品価格
¥1,345から
(2018/11/9 00:07時点)

時間割や学校行事、テストの予定のプリントは見えるところに貼っておく

学校でもらったプリントをなんでも引き出しに入れっぱなしにしていると、大事な日程が書いてあるプリントが行方不明になってしまいます。

行事予定などのプリントは、自室に持ち込まずにどこか見えるところに貼るような習慣をつけていきましょう。

 

筆記用具は自宅用と学校に持っていくものと別にする

よく使う筆記用具は定規やコンパスはセットにして、自宅用と学校用に分けた方がいい場合があります。

出しっぱなしにして、つい学校に持っていくのを忘れるのを防ぐこともできます。

お子さんと相談して、どこで何を使うかを考えながら自宅用の筆記用具スペースを作ってみましょう。

定規セット 学用品 スクールコンパス 鉛筆用 ダイカスト プラスチック 耐衝撃 コンパス 製図 さしセット 消しゴム 鉛筆削り 算数の授業の必須アイテム 算数 小学生 文房具 8点セット ブルー

新品価格
¥1,439から
(2018/11/9 00:09時点)

(Visited 8 times, 1 visits today)