毎日長時間家庭学習をしているのに、どうも成果があがってないお子さんがいます。また塾や学校の課題はきっちりこなしているのに、テストの出来があまりよくないということもよくあります。
 逆に、部活や遊びをしっかりやっていて、塾にも通っていなく、勉強するのは短時間なのに、テストはよく出来るというお子さんも存在します。そういう
子を「要領がいい」とか「頭がいい」というだけで片付けてしまいがちですが、差が出てしまうのはそれだけではないようです。

 机の前に座っている時間が長いのに結果が出ないというお子さんは、次のようなことがないか、注意して見てあげてください。

 まず、お子さんの勉強方法として、多くの問題を解いて答え合わせをするところまでやっていても、それだけで終わって満足してしまっていませんか?間違った問題はどこが違っているのかを、自分で考えて確認していく勉強をしないと身に付きません。出来ていないところは、教科書などでもう一度チェックし直すところまでやり直さないと勉強しているとは言えないのです。
 算数や数学などは大量の問題を解くより、少ない問題でこの繰り返しをすることの方が大切です。

 次に、漢字の書き取りを何回もしているし、暗記事項を丁寧にノートにまとめているけれど、実際に覚える時間をとってないということはありませんか?
何度書いても、本人に覚えようという意識がなければ、テストでは点数がとれません。覚え方は人によって様々ですが、暗記事項はまとめたら、必ず確認テストのようなものを自分でやる習慣をつけさせてください。

 最後に、受験生に多いのですが、いろいろなことを詰め込みすぎて、いざテストの問題をやってみると、やったことは覚えているけど答えが引き出せないという状態になってしまうお子さんがいます。これは普段の勉強の中で、思い出すヒントを引き出すような訓練をしていかないと、普段の勉強は出来ても本番に弱いということになりがちです。こういうお子さんは、普段出来ているので、高度なことをやろうとし過ぎて、肝心な基本部分が抜けてしまいがちになってしまいます。
 頭の中が詰め込まれすぎて整理されていない状態になったら、あまりたくさんのことをやりすぎないで、「出来ることを確実にする」方向に勉強方法を変
えていってください。勉強時間も少し減らすくらいでもいいと思います。基本が確実になったら、少しずつ応用に切り替えていけばいいと思います。

 いずれにしよ、勉強時間は長ければいいというものではありません。いかに効率よく勉強するかを考えるようにしてみましょう。

(Visited 328 times, 1 visits today)