冬休みは行事が多く、慌ただしく過ぎてしまいがちです。  寒くてだらだらと寝ていると、1日があっという間に終わってしまいます。また 夜はついだらだらテレビを見てしまいがちになります。宿題や自主勉強をする時間 は出来るだけ午前中に決めてください。

 受験生も出来るだけ午前中に集中して勉強させるようにしてください。塾が午後 からだと、昼前に起きて、塾に行って、明け方まで勉強してしまうという、「夜型」 になってしまう受験生がこの時期増える傾向にあります。  しかし、後数週間で本番の試験を受けなければならない場合があります。冬休み に夜型が身に付いてしまうと、冬休み明けに朝型に戻すのが大変になります。少な くとも本番の試験開始時間には、勉強しているような生活習慣にしておいた方が良 いでしょう。

冬休みの生活は次のことに注意してください

 

  • 朝起きる時間は決めておく

    普段と同じ時間に起きるのが理想ですが、どうしてもという場合は普段より1時間 くらい遅くなっても構いません。夜更かしを出来るだけ避けて、決まった時間に起床す ることが大切です。

  • 見たいテレビは事前に番組を選んでおく

 どうしても見たい番組だけ、録画して時間を決めてみるようにしましょう。だらだ ら見ているうちに1日が終わってしまうことは避けてください。  ゲームやインターネットの時間も決めておきましょう。

  • 遊ぶ時はしっかり遊ぶ

 受験生は適度に体を動かすことも必要です。また外出する日、勉強する日を決めて メリハリのある生活を心がけてください。

  • 帰宅後の手荒い、うがいをしっかりする

 風邪やインフルエンザには注意しましょう。また不規則な生活で体調を崩さないよ う注意が必要です。

おすすめ

学校では教えない できる子をつくる74の新習慣 (扶桑社新書)

新品価格
¥821から
(2015/12/16 15:21時点)

親が知っておくべき、子どもの健康や家庭での教育について、各分野のエキスパートが指南しています。

(Visited 293 times, 1 visits today)
コード スニペットをコピー